ブラザ—軒に還る ― 菅原克己パッチワーク(参考資料)

【参考文献】

 【文中引用】

  ⑴ブラザー軒のウェブサイトから。今はこのサイトも閉鎖されている。

  ⑵「仙台七夕まつり協賛会」ウエブサイトによる。

  ⑶『菅原克己全詩集』別冊栞中のインタビューから。

  ⑷映画『タカダワタル的』のDVDから筆者採録。

  ⑸『全詩集』年譜

  ⑹「『日の底』未刊拾遺詩篇」『全詩集』所収

  ⑺菅原克己の第一詩集。1951(昭和26)年12月。木馬社

  ⑻『遠い城』西田書店

  ⑼『現代詩文庫49菅原克己』思潮社。1972年。

  ⑽『朝日新聞に見る日本の歩み』朝日新聞社。1974年。

  ⑾『遠い城』

  ⑿「初期拾遺詩篇」『叔父さんの魔法』朔人社。1975年

  ⒀『手』所収

  ⒁「詩と現実の間」『遠い城』

  ⒂菅井幸雄『築地小劇場』未来社。1974年。

  ⒃浅野時一郎『続 私の築地小劇場』芸能発行所。1981年

  ⒄『築地小劇場』

  ⒅『築地小劇場』

  ⒆藤本恵子『築地に響く銅鑼』など

  ⒇菅原克己『詩の鉛筆手帖』土曜美術社。1981年。

  ㉑『全詩集』年譜

  ㉒栗原澪子『『日の底』ノート 他』七月堂。2007年。

  ㉓「野」については、前述の堀川正美や栗原澪子にすぐれた論考がある。

 

 【その他参考文献】

  柴田翔『詩に誘われて』ちくまプリマー新書

  今野十志夫詩集『人物史詩 櫻隊』

  キルション『風の街』杉本良吉訳 改造文庫

  詩誌『列島』

  谷敬「菅原克己『日の底』にひそむ光の目つぶし」『谷敬詩集』新・日本現代詩文庫

  小沢信男「菅原克己」『通り過ぎた人々』みすず書房

  岩田宏「菅原さんの仕事」詩学1988年7月号

  高橋たか子「弟、菅原克己のこと」詩学1988年7月号

  『鮎川信夫著作集5 文学論・芸術論』

  『現代詩の展望 戦後詩再読』思潮社


コメントは受け付けていません。