猪臥山

[raindrops class="writing-mode-mix"]

猪臥山

1.期間 2019年3月22日 8:30〜12:30

2.天候 曇から雪

 ほとんど休みらしい休みもなくひたすらに働いてきて、ようやく待ちに待った定年を迎えた。定年になったらあれもやろうこれもやろうと意気込んでいたのだが、定年になったのだからあれもやれこれもやれとなかなか見逃してもらえない。
 それでも3月下旬、教諭最後の勤務日を終えたら、せめて日帰りででも山に行こうと思っていた。体力も年相応に落ちているので、近場であまりきつくなくて雪が楽しめる山。
 だったら猪臥山だなあ。
 岐阜の酒井昭市さんが新人を連れて冬山研修を実施した山。その折の記録に「山名の『猪臥山』は確かめたことはないが、多分、山麓から仰いだおおらかな山容から名付けられた」と書いている。なるほど確かに東から見た山の様子は満腹で寝ている猪に見えなくもない。もっとも、そういう猪を見たことはないのだが。
『岐阜県地名大辞典』によれば、

「いぶせやま 猪臥山〈清見村・古川町〉『いぶしやま』ともいう。吉城郡古川町と大野郡清見村の境にある山。標高1519m。(中略)山名の由来は宮川流域の西側にはイノシシが生息しており、猪臥山付近にも猪道があることによる」なるほど。

 さて、猪臥山には今回彦谷側から入る。他にはだれもいない駐車場で身支度。ストック持って雪上を歩き出して数歩でヒザまでズボる。固そうなところを選びながら歩いて行くと、大丈夫と思ったところでたいていズボる。うんざり。それでもスキーのトレースをたどってみるとなんとかズボりの回数を減らせた。
 そのうち林道と合流。いくつもの足跡をたどりながら進んでいく。今日は下降気味の天気らしいが、今のところときおり陽がさしていて、寒くはない。快適な1日の予感に心うわつく。もちろん、これは後で裏切られることになる。

 だれにも会わないまま尾根に取り付き、固く締まった足跡を滑らないように慎重にたどっていると、なにやら後ろで音がする。振り向くが樹々の間からは何も見えない。クマかイノシシか。山岳会の木下さんに教えてもらった対処法を思い出す。低い声で「ウ〜〜〜」とうなり、これをだんだんと高めていく。樹木のかげから音が近づいてくる。「ウ〜〜〜」
 スノーシューを履いて調子よく歩いていたら、妙なうなり声をあげているおじさんがいた、ということを彼はどのように感じただろうか。きっとそのおじさんは顔を赤くしていたりもするのだ。
ちょうど背伸びでもしていたかのようにごまかしたが、効果あったかどうか。軽く会釈した彼はそのまま追い抜いていった。ああ、スノーシューはいいなあ、とそのことだけを考えて、恥ずかしさをおおいかくす。

 尾根を詰めて樹林帯が切れると、猪臥山はまだまだ雪山だ。風も吹くし雪も降ってくる。ミニチュア雪庇なんかもあったりして、いい雰囲気を出している。雪から顔をのぞかせている頂上の標識にタッチして、雪も風も強まってきたので、さあ帰ろう。スノーシューマンはそのまま尾根を周回するようだが、こちらは天下のヘタレマン、頂上下の祠に手をあわせ来たときと同じルートを戻ります。 
 尾根を下りてしまえば後はただ林道をたどるだけ。ところがこれが大変だった。下では尾根の風雪など関係なしに黙々と春を進めていたらしく、グザグザの腐れ雪が待っていた。表面はやや固め。乗っかると、いけたとおもった瞬間にズボッ。延々とこれを繰り返し、これが今回最大の難所だった。
それでもなんとか駐車場にたどり着くと、スノーシューマンはすっかり支度を済ませて車で出ていくところだった。はは、ごきげんよう。

 ところで、飛騨の小鳥郷や川上郷、白川郷ではかつて里の収穫だけでは足りず、山の中につくった焼畑で雑穀を育てて生活していた。そして、この三郷は猪の多いところだった。だから、秋になると猪から作物を守るため、家は老人や子どもに任せ、村中の男も女もそれぞれに山畑の脇に簡単な小屋掛けをして、一晩中番をしていたそうだ。鳴子を鳴らしたり、声をあげたり猪笛を吹いたり。そうやって、村中あげての夜守りをするから、里は手薄となる。そして、猪はその里の畑を荒らしていく。かくて、村人は山と里の畑を守り抜くために、寝ることもかなわなかったということだ。山村で暮らすということは大変なことだ、と『斐太後風土記』の筆者は書いている。
そんなことを知ってみると『猪臥山』とは、いろんな思いのこめられた名前だと思われてくる。足がズボったくらいで音を上げていてはいかんなあ。
 さて今年は定年後元年、小さくても味のある山に登り続けていきたいものだ。

header image 326


コメントは受け付けていません。